論集第12号刊行のお知らせ

『近代文学合同研究会論集』第12号 特集 大学生と文学

2016年1月30日発行予定 頒布価格1000円+送料   ※通信販売の方法は末尾に記載

目次

特集 大学生と文学

手記のなかのヒロイズム――樺美智子・奥浩平・高野悦子―― 石川巧
帝大生と『文学論』――漱石講義の受講ノート群をめぐって―― 服部徹也

自由論文

大東亜共栄圏というモダニズム――春山行夫・エリオット・西田幾多郎―― 村山龍
漱石の父・母の「家」――馬場下横町の名主・内藤新宿の質屋―― 余吾育信
序文をめぐる人々――依田学海『学海日録』を素材として―― 富塚昌輝


◇論集バックナンバー総目次はこちら

◇通信販売について
【頒布方法】
1)「問い合わせフォーム」より、お名前、ご住所、希望の号数と冊数をお知らせください。
2)郵便局で以下の振替口座に論集代と郵送費をお振込みください。入金の際には通信欄に「論集○号代」とご記入ください。
 口座番号:00160―1―266888(郵便振替)
 口座名義:近代文学合同研究会(キンダイブンガクゴウドウケンキュウカイ)
3)入金を確認次第、論集をお送りします。発送は「ゆうメール」を使用します。

【頒布価格】
論集1冊 1000円+送料215円  計1215円
  2冊 2000円+送料300円  計2300円
  3冊 3000円+送料350円  計3350円
※4冊以上の価格はお尋ねください
※振込手数料はご負担ください

◇「近代文学合同研究会」では、会員、各イベントの参加者を募集しています。近代日本文学の研究に携わっておられる方であれば、どなたでもご参加頂けます。入会・イベントへの参加をご希望される方はこちらのメールフォームよりお気軽にご連絡ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご紹介

近代文学合同研究会

「近代文学合同研究会」は、主に東京近郊の近代日本文学を専攻する大学院生有志が集まって、1995年7月に活動を開始しました。現在、学習院大学、慶應義塾大学、中央大学、立教大学などの大学院生を中心に、四十名程度の会員が参加しています。基本的に自主参加・自主発表を旨とし、月に一度程度の研究発表会や読書会、また年に一回のシンポジウムを中心に、様々な活動を行っています。今後も研究発表・論文批評・読書会の場として、会員の自主的な活動に基づいて活動していきたいと思っています。

「近代文学合同研究会」では、会員、各イベントの参加者を募集しています。近代日本文学の研究に携わっておられる方であれば、どなたでもご参加頂けます。
メールはこちらからお送りください。

カテゴリー

カウンタ

ブログ内検索