「近代文学合同研究会論集第4号 展示される文学―人・モノ・記憶」

【目次】
 展示と観覧の間
  ―「カーライル博物館」論―(富塚昌輝)
 付加〈商品価値〉としての顔と筆跡
  ―書物の価値と円本全集「附録」の役割をめぐって―(島健一郎)
 「展示」としての処女作
  ―「文芸時代」同人処女作号について―(松村良)
 痕跡としての「文学」
  ―文芸懇話会における文学〈展示〉の様相(副田賢二)
 文学展示に人は何を求めているのか、或いは「文芸評論家」展の成立する理由
  ―「奥野健男」展を観て考えたこと―(五島慶一)
 石の上の文学
  ―谷崎潤一郎文学碑からの考察―(日高佳紀)
 寺山修司研究ノート
  ―作劇におけるモノと修辞へ向けて―(葉名尻竜一)

 *論集は、シンポジウム、各種学会、通信販売などで頒布しています。
 *通信販売については、こちらをご覧下さい。
スポンサーサイト

ご紹介

近代文学合同研究会

「近代文学合同研究会」は、主に東京近郊の近代日本文学を専攻する大学院生有志が集まって、1995年7月に活動を開始しました。現在、学習院大学、慶應義塾大学、中央大学、立教大学などの大学院生を中心に、四十名程度の会員が参加しています。基本的に自主参加・自主発表を旨とし、月に一度程度の研究発表会や読書会、また年に一回のシンポジウムを中心に、様々な活動を行っています。今後も研究発表・論文批評・読書会の場として、会員の自主的な活動に基づいて活動していきたいと思っています。

「近代文学合同研究会」では、会員、各イベントの参加者を募集しています。近代日本文学の研究に携わっておられる方であれば、どなたでもご参加頂けます。
メールはこちらからお送りください。

カテゴリー

カウンタ

ブログ内検索