FC2ブログ

2019年度第4回例会のお知らせ

2019年度第4回例会の詳細が決定したのでお知らせいたします。
会員・非会員問わず、大学の垣根を越えてのご参加をお待ちしております。
互いに研究仲間を得るよい機会となることを願っております。

◯2019年度第4回例会
・日時:2020年3月18日(水)13:30~17:00
・場所:アカデミー湯島 視聴覚室
    (アクセス:文京区湯島2-28-14 湯島小学校5階
     https://www.b-academy.jp/rental/ac-yushima/index.html)

・個人発表:
1. 周希瑜(千葉大学・院生)
「日本占領下における在南京の文化圏——雑誌『黄鳥』を視座として」

2. 和泉司(豊橋技術科学大学)
「長崎謙二郎「地方の嵐」と造られる芥川賞の記憶」

3. 加藤夢三(日本学術振興会特別研究員)
「献身する技術者——横光利一『紋章』から「純粋小説論」へ」

*例会終了後は懇親会も予定しておりますので、奮ってご参加ください。

2019年度第4回例会は、新型コロナウイルスの影響により、「中止」とさせていただきます。
発表者の皆様、様々な形でご尽力いただいた皆様、研究会を楽しみにしてくださっていた皆様に、心よりお詫び申し上げます。


合同研2019年度第4回例会ポスター
スポンサーサイト



2019年度第4回例会のお知らせ(発表者の募集)

近代文学合同研究会第4回例会を、以下の通り開催いたします。
つきましては、個人発表の募集を行います。
様々な研究者が集まり自由に意見を交換する場として、ご活用いただけましたら幸いです。また、大学院生や若手研究者のみなさまにも、刺激的な研鑽の場として、また研究仲間を見つける場として、積極的にご参加いただければ幸いです。

【第4回例会 開催概要】
・開催日:3月18日(水)
・場所:都内(※詳細が決まり次第お知らせいたします)
・内容:個人発表
 
【個人発表の募集について】
・テーマ:自由
・時間:自由
・連絡先:本ブログ右部のメールフォームよりご連絡ください
・締切:2月10日(月)

2019年度第3回例会のおしらせ

2019年度第3回例会の詳細が決定したのでお知らせいたします。
会員・非会員問わず、大学の垣根を越えてのご参加をお待ちしております。

◯2019年度第3回例会
・日時:2019年11月3日(日)13:30~17:00
・場所:都立中央図書館 交流ルーム
    (アクセス:www.library.metro.tokyo.jp/access/#central

・個人発表:
1. 脇坂健介(学習院大学・院生)
「久生十蘭〈福井もの〉への一考察——「花合せ」を中心に——」
使用テクスト:久夫十蘭「花合せ」他(『十蘭万華鏡』河出文庫、『定本久生十蘭全集』第5巻 国書刊行会)

2. 木下幸太(明治大学・院生)
「福永武彦「廃市」における「nowhere」の表象——北原白秋・田中善徳『水の構図』の影響について」
使用テクスト:福永武彦「廃市」(『廃市』小学館P+D BOOKS、『廃市・飛ぶ男』新潮文庫)、北原白秋・田中善徳『水の構図』(アルス)

3. 渡部裕太(立教大学・院生)
「長屋から団地へ——山川方夫「お守り」論」
使用テクスト:山川方夫「お守り」(『東京百年物語』3巻 岩波文庫)

例会終了後は懇親会も予定しておりますので、ぜひご参加ください。
互いに研究仲間を得るよい機会となることを願っております。

2019年度第3回例会のお知らせ

近代文学合同研究会第3回例会を、以下の通り開催いたします。
つきましては、個人発表の募集を行います。
様々な研究者が集まり自由に意見を交換する場として、ご活用いただけたら幸いです。また、大学院生や若手研究者のみなさまにも、刺激的な研鑽の場として、また研究仲間を見つける場として、積極的にご参加いただければ幸いです。

【第3回例会】
・開催日:11月3日(日)
・場所:都内(※詳細が決まり次第お知らせいたします)
・内容:個人発表 他
 
【個人発表の募集について】
・テーマ:自由
・時間:自由
・連絡先:本ブログ右部のメールフォームよりご連絡ください
・締切:9月27日(金)

第2回例会開催のお知らせ  村山龍『〈宮澤賢治〉という現象』合評会

来る8月8日、第2回例会として、村山龍『〈宮澤賢治〉という現象』合評会を開催いたします。
詳細は下記の通りです。
参加費・資料代無料、どなたでもご参加いただけます。

合評会 村山龍『〈宮澤賢治〉という現象』
2019年8月8日(木) 13時30分~
会場:慶応義塾大学三田キャンパス 南校舎412教室
登壇者(登壇順): 張永嬌、大原祐治、大島丈志、村山龍


★会場アクセス https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html
 キャンパスマップ内【4】の校舎です。

   

合評会終了後には懇親会を予定しております。
皆様の参加を心からお待ちしています。

ポスター2i

続きを読む

ご紹介

近代文学合同研究会

「近代文学合同研究会」は、主に東京近郊の近代日本文学を専攻する大学院生有志が集まって、1995年7月に活動を開始しました。現在、学習院大学、慶應義塾大学、中央大学、立教大学などの大学院生を中心に、四十名程度の会員が参加しています。基本的に自主参加・自主発表を旨とし、月に一度程度の研究発表会や読書会、また年に一回のシンポジウムを中心に、様々な活動を行っています。今後も研究発表・論文批評・読書会の場として、会員の自主的な活動に基づいて活動していきたいと思っています。

「近代文学合同研究会」では、会員、各イベントの参加者を募集しています。近代日本文学の研究に携わっておられる方であれば、どなたでもご参加頂けます。
メールはこちらからお送りください。

カテゴリー

カウンタ

ブログ内検索